小説現代 一覧

電子書籍
小説現代 2021年 8月号

小説現代 2021年 8月号

<こわいはなし特集>
怪談を百話語り終えると、とんでもなく怖いことが起こる……真夏の台風襲来で軟禁状態の舞台稽古スタジオで始まった最凶の「百物語」。

百物語、あといくつ?

岩井志麻子 降魔の夜
織守きょうや 階談
山白朝子 背景の人々
平山夢明 大東京出稼息子芝居地獄
黒史郎 サルガタナスの火劇
小嶋陽太郎 耳
秋吉理香子 クリスタ
友麻碧 疲れた時に行く村
内藤 了 母屋が祟る
秋竹サラダ ハナツミサマのおまじない
福澤徹三 いきすだま
紅玉いづき ゴーストクラップ

<最新長編二号連続掲載>
楡周平 サンセット・サンライズ(前編)
新型コロナでテレワークが始まり、趣味の釣りを堪能すべく晋作は三陸の地に移り住む。そこは海も山もとてつもなく新鮮な食材の宝庫だった。

<新シリーズ開幕>
川瀬七緒 仕立屋探偵 桐ヶ谷京介 ゆりかごの行方
服を見ればすべてがわかる京介。十二年前に置き去りにされた赤ん坊の母親探しを頼まれ、当時の服を見た瞬間に!

<新連載エッセイ>
森川 葵 じんせいに諦めがつかない

<三号連続掲載第二弾>
神永 学 心霊探偵八雲 Initial Files2 魂の素数

<読み切り>
林真理子 再会

<シリーズ>
西條奈加 うさぎ玉ほろほろ

<小説現代長編新人賞 受賞後第一作>
第15回小説現代長編新人賞『檸檬先生』重版決定!
珠川こおり 一番星
俺たちの夏は熱かった。合唱に絵描き、燦々と輝く芸術の日々。

第15回小説現代長編新人奨励賞「桎梏の雪」7月26日刊行!
仲村 燈 ろくだいめ
江戸時代の勝負に生きる棋士たちを、新人離れした端正な筆致で描く。守るは己の矜持か、家元か?
受賞作『桎梏の雪』紹介・解説 大崎善生・細谷正充

<対談>
『アイアムマイヒーロー!』刊行記念対談
宮田愛萌(日向坂46)×鯨井あめ 経験は違っても、感情で重なる。
本を愛するアイドル・宮田愛萌さんと、八月に二作目を刊行予定の鯨井あめさんによる、大盛り上がりの同い年対談!

<エッセイ>
酒井順子 人はなぜエッセイを書くのか ~日本エッセイ小史~
後藤拓実(四千頭身) これこそが後藤
岸田奈美 飽きっぽいから、愛っぽい
藤谷 治 小説から聴こえる音楽
新井見枝香 きれいな言葉より素直な叫び

<コラム>
〆切めし 新川帆立
武田砂鉄 もう忘れてませんか?

<漫画>
益田ミリ ランチの時間
意志強ナツ子 るなしい

<本>
書評現代
ミステリー 青戸しの
青春・恋愛小説 三宅香帆
時代小説 田口幹人
エッセイ・ノンフィクション 高橋ユキ
読書中毒日記 池澤春菜

第16回小説現代長編新人賞募集


※電子版では紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがあります。

電子書籍
小説現代 2021年 7月号(ライト版)

小説現代 2021年 7月号(ライト版)

画面の小さいデバイスでも読みやすい”リフロー型”雑誌です。
<読み切り特集>
NEO官能小説特集 性と生のあわいに

新しい時代の、新しい11のセンシュアルストーリー。自由で豊潤な官能の世界へようこそ!

桜木紫乃 /丸木文華 /黒木 渚 /赤松利市 /夏樹玲奈 /大木亜希子 /小野寺史宜 /図子 慧 /森林原人 /神津凛子 /本橋信宏・相沢みなみ 

<三号連続掲載スタート>

神永 学 心霊探偵八雲 Initial Files1 亡霊のバイアス

<五大対談>

大木亜希子×光宗 薫 いまを支える、過去の自分
表現は人に評価されるためでなく、自分のためにある。元アイドルたちによる、刺激的な芸術談義。

本橋信宏×相沢みなみ 思わず溢れた、AV女優の涙 
トップセクシー女優は、なぜアダルトの世界に飛び込んだのか? 『全裸監督』著者が心の奥を覗く。

17年ぶりシリーズ最新刊『薔薇のなかの蛇』刊行記念 「理瀬」シリーズ特集
恩田 陸×北見 隆 私がミステリを書けたわけ 
第一作『三月は深き紅の淵を』から、最新作の『薔薇のなかの蛇』まで、作品の世界観を共に創り上げてきた小説家と画家が語る、人気シリーズ創作秘話。
「理瀬」シリーズ全作品徹底解説 三宅香帆 

五木寛之×一色さゆり 音楽か、美術か。アートが導く小説の形 
ジャズの魂が根底に流れる名作と、東洋現代美術にまつわる新作短編集。二つの接点に存在する小説作法とは!
吉川トリコ×バービー 私たちが「生きやすく」なったとき――
すべての「生きづらさ」を感じる人たちに、ともに第一線の作家とお笑い芸人の二人が提案するのはーー!?

<シリーズ>
中島京子 ガリップ

畠中恵 闇の中にあり

-発表-
第67回江戸川乱歩賞発表 
受賞の言葉 選評 綾辻行人 新井素子 京極夏彦 月村了衛 貫井徳郎 
第68回江戸川乱歩賞募集 

<エッセイ>
酒井順子 人はなぜエッセイを書くのか ~日本エッセイ小史~
後藤拓実(四千頭身) これこそが後藤
岸田奈美 飽きっぽいから、愛っぽい
藤谷 治 小説から聴こえる音楽
新井見枝香 きれいな言葉より素直な叫び

<コラム>
〆切めし 辻堂ゆめ
武田砂鉄 もう忘れてませんか?

<漫画>
益田ミリ ランチの時間
意志強ナツ子 るなしい

<本>
書評現代
ミステリー 若林 踏
青春・恋愛小説 吉田大助
時代小説 柳亭小痴楽
エッセイ・ノンフィクション 内藤麻里子
読書中毒日記 こだま
今月の平台

第16回小説現代長編新人賞募集
執筆者紹介

*吉川トリコ『余命一年、男をかう』は掲載されておりません。
※電子版では紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがあります。

電子書籍
小説現代 2021年 4月号(ライト版)

小説現代 2021年 4月号(ライト版)

-特別企画-
連続ドラマ「ネメシス」4月11日放送開始!

・櫻井 翔 撮り下ろしグラビア&インタビュー
「演じることと、創ること」

ドラマ第一話の脚本協力として書き下ろした小説を特別掲載!
・今村昌弘「天才探偵、現る!」
探偵事務所ネメシス。そこには、天才的な助手と探偵がいた。

・プロデューサー北島直明が語る「ネメシス」驚きの仕掛け
日テレ×講談社が放つ「新時代の探偵物語」、制作現場の秘密に迫る!

・「我が産声を聞きに」書評 角田光代

<グラビア>
・速報! 吉川英治賞発表!
吉川英治文学新人賞は武田綾乃&加藤シゲアキW受賞!

<シリーズ「旅」>

・石川宗生「シャカシャカ」

唐突に地表があちこちシャッフルされるようになった世界。
ぼくたち姉弟の、生き残りをかけた旅が始まる。

<読み切り&対談>

・大木亜希子「風俗嬢A」
  
女優を目指す三十一歳。同業の彼氏とも崩壊の危機にある。
そんな崖っぷちの彼女に与えられた役は、名もなき風俗嬢。

・大木亜希子×有村藍里「30歳女性、覚醒する瞬間」

人生、30を超えてからが本番だ!?
これまでの成果やしがらみと向き合いながら生きていく方法。

<ルポルタージュ>
・高野秀行「移民の宴 ミャンマー反クーデター編」

軍のクーデターに怒るミャンマーの民衆たち。
東京のミャンマー料理屋に、その生の声を緊急取材!

<シリーズ>

・長浦 京「NOC 緋色の追憶」

沖野修也、”元”警察官、十九歳。組織を離れた「先輩」との再会のときが近づいていた。

・森沢明夫「さよならドグマ 書店員・白川心美の章」

書店用配布見本を読んで感動した心美は、その小説の著者の来店を心待ちにしていた……。

<エッセイ>

・酒井順子「人はなぜエッセイを書くのか ~日本エッセイ小史~」

・後藤拓実(四千頭身)「これこそが後藤」

・岸田奈美「飽きっぽいから、愛っぽい」

・藤谷 治「小説から聴こえる音楽」

・新井見枝香「きれいな言葉より素直な叫び」

<コラム>

・〆切めし 砥上裕將

・武田砂鉄「もう忘れてませんか?」

<漫画>

・益田ミリ「ランチの時間」

・ジェントルメン中村「ようこそ! アマゾネス☆ポケット編集部へ―NOW―」

・意志強ナツ子「るなしい」

<本>

・書評現代
ミステリー 若林 踏
青春・恋愛小説 吉田大助
時代小説 柳亭小痴楽
エッセイ・ノンフィクション 内藤麻里子

・読書中毒日記 東山彰良

・今月の平台
   *ライト版には、白石一文「我が産声を聞きに」は収録されておりません。
※電子版では紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがあります。

電子書籍
小説現代 2021年 5・6月合併号

小説現代 2021年 5・6月合併号

-特集-
吉川四賞発表&インタビュー
第55回吉川英治文学賞 村山由佳 
受賞インタビュー 小説とは設計、大きな建物ができました
第6回吉川英治文庫賞 今村翔吾 
既刊全著作を語る!
第42回吉川英治文学新人賞
加藤シゲアキ 
受賞インタビュー 作家・加藤シゲアキ「第1シーズン」の集大成。これまでとこれからの10年。
武田綾乃 
受賞インタビュー “生きている”人間を描いて、色んな世代が共有できる物語を。

物語の玉手箱 つぎの50年も読者とともに「きっとあなたの『色』がある。」
講談社文庫50周年 大特集
1、 日本出版史の縮図! 「文庫の歴史」を振り返る
2、 ついにデビュー「よむーく」誕生!
坂崎千春さんインタビュー「愛されるキャラクターの作り方」

-読み切り-
有川ひろ シュレーディンガーの猫
里帰り出産をして赤ん坊と一緒に帰ってきたら、自宅にはもう一人の赤子がいた――。

-シリーズ-
真藤順丈 家族の唄
境遇も理由もばらばら。即席の「疑似家族」は「家族対抗のど自慢」に出場することになる。ある女性を取り戻すために……。

畠中 恵 天女の笑み
甲賀忍者の末である吉乃は、天女のような器量好しと評判だったが、お庭番との縁談が破談になっていた。

西條奈加 初恋饅頭
治兵衛の弟で僧侶の石海がまさかの逢引き!? お君の目撃情報に色めき立つ南星屋の面々だったが――。

森沢明夫 さよならドグマ 読者・唐田一成の章
一冊の本が出来上がるまでに起きた奇跡を綴る連作短編シリーズ。美容師の一成の思いは、気になる女性に届くのか。

<特別掲載>
特別掲載 藤石波矢 ネメシス 第二話 
連続ドラマ放送開始! 第二話小説版を特別掲載。ネメシス最年少依頼人の少女の願いは失踪した兄を探すこと。

<本>
初登場 読書中毒日記 日向坂46 宮田愛萌
読書好きで知られる日向坂46・宮田さんによる特別寄稿。厳選した珠玉の三冊を紹介!
書評現代
ミステリー 青戸しの
青春・恋愛小説 三宅香帆
時代小説 田口幹人
エッセイ・ノンフィクション 高橋ユキ
今月の平台
<エッセイ>
酒井順子 人はなぜエッセイを書くのか ~日本エッセイ小史~
後藤拓実(四千頭身) これこそが後藤
岸田奈美 飽きっぽいから、愛っぽい
藤谷 治 小説から聴こえる音楽
新井見枝香 きれいな言葉より素直な叫び
<コラム>
〆切めし 黒澤いづみ
武田砂鉄 もう忘れてませんか?
<漫画>
益田ミリ ランチの時間
意志強ナツ子 るなしい

第16回小説現代長編新人賞募集
執筆者紹介

※電子版では紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがあります。

電子書籍
小説現代 2021年 3月号(ライト版)

小説現代 2021年 3月号(ライト版)

[小説現代長編新人賞発表]
第15回小説現代長編新人賞発表

受賞の言葉
選評 朝井まかて 伊集院 静 中島京子 宮内悠介 薬丸 岳

珠川こおり インタビュー
「檸檬先生」書評 吉田大助・内田剛

[グラビア]
第15回小説現代長編新人賞発表
珠川こおり「檸檬先生」  仲村 燈「桎梏の雪」奨励賞

[新シリーズ]
・畠中 恵 忍者の副職

[読み切り]
・林真理子 未完成
・一穂ミチ 式日

[シリーズ「旅」]
・森晶麿 グレーテルの帰還

[読み切り]
・鯨井あめ ボーイ・ミーツ・ガール・アゲイン
・パリュスあや子 呼ぶ骨
・中 真大 1978

[特別エッセイ]
・曽根圭介 望外の顔ぶれ

[シリーズ]
・森沢明夫 さよならドグマ デザイナー・青山哲也の章

[エッセイ]
・酒井順子 人はなぜエッセイを書くのか ~日本エッセイ小史~
   ・後藤拓実(四千頭身) これこそが後藤
・岸田奈美 飽きっぽいから、愛っぽい
・藤谷 治 小説から聴こえる音楽
・新井見枝香 きれいな言葉より素直な叫び

[コラム]
・〆切めし 坂上 泉
    ・武田砂鉄 もう忘れてませんか?

[漫画]
・意志強ナツ子 るなしい

[本]
・青戸しの 書評現代(ミステリー)
・三宅香帆 書評現代(青春・恋愛小説)
   ・田口幹人 書評現代(時代小説)
・高橋ユキ 書評現代(エッセイ・ノンフィクション)
・池澤春菜 読書中毒日記
・今月の平台

*ライト版には、珠川こおり「檸檬先生」は掲載されておりません。
※電子版では紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがあります。

電子書籍
小説現代 2021年 2月号(ライト版)

小説現代 2021年 2月号(ライト版)

[読み切り特集]
講談社タイガ創刊5周年企画 特集「非日常の謎」
  
新型コロナウィルスによって脅かされた私たちの日常。
六人の気鋭が紡ぐのは、「非日常」を乗り越える物語の力!

・芦沢 央 「この世界には間違いが七つある」
・阿津川辰海「成人式とタイムカプセル」
・木元哉多 「どっち?」
・城平 京 「これは運命ではない」
・辻堂ゆめ 「十四時間の空の旅」
・凪良ゆう 「表面張力」

[グラビア]
第73回日本推理作家協会賞&第66回江戸川乱歩賞 合同贈呈式
初の合同開催となった二賞の贈呈式の模様をレポート!

[シリーズ「旅」]
・小川 哲 ちょっとした奇跡
・深緑野分 水星号は移動する

[シリーズ]
・森沢明夫 さよならドグマ 小説家・涼本マサミの章

[読み切り]
・澤田瞳子 薄月離
・西條奈加 肉桂餅
・青木祐子 コーチ! はげまし屋・立花ことりのクライアントファイル

[特別企画]
・『高瀬庄左衛門御留書』刊行記念対談
遠藤展子×砂原浩太朗 藤沢周平に導かれて

・砂原浩太朗 黛家の兄弟 抄録

[エッセイ]
・酒井順子 人はなぜエッセイを書くのか ~日本エッセイ小史~
   ・後藤拓実(四千頭身) これこそが後藤
・岸田奈美 飽きっぽいから、愛っぽい
   ・藤谷 治 小説から聴こえる音楽
・新井見枝香 きれいな言葉より素直な叫び

[コラム]
・〆切めし 木皿 泉
  ・武田砂鉄 もう忘れてませんか?

[漫画]
・益田ミリ ランチの時間
   ・ジェントルメン中村 ようこそ! アマゾネス☆ポケット編集部へ ―NOW―

[本]
・若林 踏 書評現代(ミステリー)
    ・吉田大助 書評現代(青春・恋愛小説)
    ・柳亭小痴楽 書評現代(時代小説)
・内藤麻里子 書評現代(エッセイ・ノンフィクション)
  ・こだま 読書中毒日記
・今月の平台

*ライト版には浅田次郎「兵諫 後篇」は掲載されておりません。
※電子版では紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがあります。