小説現代 2021年 4月号

連続ドラマ「ネメシス」4月11日放送開始!

・櫻井 翔 撮り下ろしグラビア&インタビュー
「演じることと、創ること」
v ドラマ第一話の脚本協力として書き下ろした小説を特別掲載!
・今村昌弘「天才探偵、現る!」
探偵事務所ネメシス。そこには、天才的な助手と探偵がいた。

・プロデューサー北島直明が語る「ネメシス」驚きの仕掛け
    日テレ×講談社が放つ「新時代の探偵物語」、制作現場の秘密に迫る!

<最新長編一挙掲載>
・白石一文「我が産声を聞きに」

二十二年連れ添った二人の将来は、コロナ禍と夫のがん発見で揺らいでいく。
人生に“もう一度”があるとしたら――。夫婦の意味を問う熟婚小説。

・「我が産声を聞きに」書評 角田光代
 
<グラビア>
・速報! 吉川英治賞発表!
吉川英治文学新人賞は武田綾乃&加藤シゲアキW受賞!

<シリーズ「旅」>

・石川宗生「シャカシャカ」

唐突に地表があちこちシャッフルされるようになった世界。
ぼくたち姉弟の、生き残りをかけた旅が始まる。

<読み切り&対談>

・大木亜希子「風俗嬢A」

女優を目指す三十一歳。同業の彼氏とも崩壊の危機にある。
そんな崖っぷちの彼女に与えられた役は、名もなき風俗嬢。

・大木亜希子×有村藍里「30歳女性、覚醒する瞬間」

人生、30を超えてからが本番だ!?
これまでの成果やしがらみと向き合いながら生きていく方法。

<ルポルタージュ>
・高野秀行「移民の宴 ミャンマー反クーデター編」

<シリーズ>
・長浦 京「NOC 緋色の追憶」

沖野修也、”元”警察官、十九歳。組織を離れた「先輩」との再会のときが近づいていた。

・森沢明夫「さよならドグマ 書店員・白川心美の章」
 
書店用配布見本を読んで感動した心美は、その小説の著者の来店を心待ちにしていた……。

<エッセイ>
・酒井順子「人はなぜエッセイを書くのか ~日本エッセイ小史~」

・後藤拓実(四千頭身)「これこそが後藤」

・岸田奈美「飽きっぽいから、愛っぽい」

・藤谷 治「小説から聴こえる音楽」

・新井見枝香「きれいな言葉より素直な叫び」

<コラム>
・〆切めし 砥上裕將

・武田砂鉄「もう忘れてませんか?」

<漫画>
・益田ミリ「ランチの時間」

・ジェントルメン中村「ようこそ! アマゾネス☆ポケット編集部へ―NOW―」

・意志強ナツ子「るなしい」

<本>
・書評現代
ミステリー 若林 踏
  青春・恋愛小説 吉田大助
時代小説 柳亭小痴楽
エッセイ・ノンフィクション 内藤麻里子

・読書中毒日記 東山彰良
※電子版では紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがあります。