小説現代 2022年 5・6月合併号(ライト版)

画面の小さいデバイスでも読みやすい“リフロー型”雑誌です。

<BL出身作家が描く新しい物語 開かれたとびら特集>
近年活躍が目覚ましいBL(ボーイズラブ)小説出身の作家陣による文芸競作。彼女たちが描く物語世界の秘密と魅力に迫る。

特集「開かれたとびら」

一挙350枚! 本屋大賞受賞作『流浪の月』著者、待望の新作長編
凪良ゆう 「汝、星のごとく」(前編)
 
風光明媚な瀬戸内の島に育った高校生の暁海(あきみ)と、自由奔放な母の恋愛に振り回され島に転校してきた櫂(かい)。二人は、惹かれ合い、すれ違い、成長していく。

華藤えれな 「アディオス・ノニーノ」

砂原糖子 「ある世界」
 
丸木文華 「あやか」

ひらりさ 評論BL論「そこはただの温室ではない」
 
「美しい彼」スペシャル対談
「開かれたとびら」の向こう側
凪良ゆう×ドラマ脚本 坪田文

<人でなしの櫻 発売記念>
遠田潤子×村山由佳『人でなしの櫻』刊行記念対談
「小説でタブーを超えるということ」

村山由佳 『人でなしの櫻』書評

<読み切り>
王谷 晶 「父の回数」

君島彼方 「走れ茜色」

<シリーズ>
門井慶喜 「囚人――明暦三年明暦江戸大火」

<吉川賞発表>
吉川英治四賞発表
第56回吉川英治文学賞 京極夏彦 中島京子
第7回吉川英治文庫賞 上田秀人
第43回吉川英治文学新人賞 一穂ミチ 小田雅久仁
第56回吉川英治文化賞

<本>
書評現代
ミステリー 青戸しの
青春・恋愛小説 三宅香帆
時代小説 田口幹人
エッセイ・ノンフィクション 高橋ユキ
読書中毒日記 池澤春菜
今月の平台

<エッセイ>
森川 葵 じんせいに諦めがつかない
岸田奈美 飽きっぽいから、愛っぽい

<コラム>
〆切めし 結城真一郎
武田砂鉄 もう忘れてませんか?

<漫画>
益田ミリ ランチの時間
意志強ナツ子 るなしい

第17回小説現代長編新人賞募集
第69回江戸川乱歩賞募集
執筆者紹介

<特集>木原音瀬「考察」、<全編公開>宇野碧「レペゼン母」は、未収録です。
※電子版では紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがあります。